【団体紹介】

「ものづくり文化の道」マイスターの会
代表 伊藤公夫

名古屋城の西、名古屋駅の北には名古屋が誇るべき様々な地域資源が集中しています。名古屋扇子や名古屋友禅といった伝統工芸から菓子製造・卸などの近代産業、産業観光の拠点施設である産業技術記念館、そして歴史的資産の四間道や美濃路、屋根神様などがあります。このエリアを「ものづくり文化の道」と呼んでいます。

西生涯学習センターと連携し、名古屋市教育委員会がはじめた「なごや学マイスター制度」(「なごや」について学び、その学習の成果を社会に活かすことのできる人材の育成をめざすもの)において、このエリアのガイドができるよう学習しています。

【活動紹介】

月に1回の定例会を開催しています。日程の確認や勉強会を行い、知識のレベルアップやガイド技術の向上などに努めています。

このエリアについて興味のある方に対して、その要望に基づき都合のつく限り、ガイドを行っています。

【団体紹介】

屋根神文化フォーラム
代表 浅野順子

名古屋市内には120社近くの「屋根神さま」があります。
そのうち西区内には約60社が、近隣の方々に大切に守られています。
この「まちの文化遺産」ともいえる屋根神さまと付近の史跡等を紹介することによって身近に感じてもらい、屋根神さまを守っている人々との交流を目指したいと思っています。
西生涯学習センターと連携し、名古屋市教育委員会がはじめた「なごや学マイスター制度」(「なごや」について学び、その学習の成果を社会に活かすことのできる人材の育成をめざすもの)において、屋根神さまのガイドができるよう学習しています。

【活動紹介】

年に1回程度、屋根神ウォークを実施しています。マップを配布して各組に分散して案内をしながらのウォーク形式が多いです。

ガイドを行う場所は、西区の四間道・円頓寺商店街界隈と西区内一帯です

問い合わせ先

西区役所地域力推進室
052-523-4507

「ものづくり文化の道」エリア

堀川、四間道、円頓寺商店街界隈、明道町辺りの菓子問屋街、屋根神さま
など様々な資源があります。

ガイドボランティアの様子